栃木のパソコン修理・パソコン販売おまかせ設定・パソコンスクール- パソコン専門店マックジャパン|HOME

HOME > パソコン修理日記

パソコン修理日記

apple iMac ブートキャンプでWindowsが正常に動かない

2012年07月30日

症状
ブートキャンプを使用してWindowsXPを導入したが、
音が出ない、Windowsが立ち上がらない

原因
ハードディスク記録面にエラーあり。
それによりWindowsを正常に導入する事が出来ず、
システムトラブルを起こし症状が発現。
ハードディスクを均等配分してWindowsを導入していた。
不良セクタはハードディスクの真ん中程にあり、
Mac自体は正常に動作していた。

解決法
ハードディスクの交換取り付けを行い、
MacOSにてリカバリ後、再度ブートキャンプを使用し
Windowsを導入することにより、修理可能。
今回はお客様のご希望により、リカバリは行わず
新品500GB(WD5000AAKX)のハードディスクの交換取り付けのみ行った。

修理金額
HDD交換取り付け ¥16380-

補足
前面の液晶パネルを外すと内蔵されているハードディスクが見れます。
液晶パネルを保護する前面パネルは吸盤を使用することにより、
比較的簡単に取り外すことが可能です。
液晶パネル自体を取り外す際は、裏の配線が細かく
一人で作業を行うと、切れてしまう恐れがあるため
二人がかりで作業をする必要があります。

新着情報カテゴリ

携帯サイト

QRコード

いつでもどこでも、簡単アクセス!

ページの先頭へ戻る

Copyright(C)2012-Macjapan Inc. All Rights Reserved.