栃木のパソコン修理・パソコン販売おまかせ設定・パソコンスクール- パソコン専門店マックジャパン|HOME

HOME > トピックス

トピックス

SSD2台でRAID構築!ミラーリングとストライピングのスピード実験

2015年05月09日

今回はSSDでRAID(ストライピングとミラーリング)を構築すると、
それぞれどの位のスピードが出るのか実験してみました。

実験に使用したパソコン
●マザーボード:ASUS P5Q-PRO
●SSD①:ADATA SP900 128GB (実測シーケンシャルリードで210MB/s)
●SSD②:intel SSD300Series 120GB (実測シーケンシャルリードで268MB/s)

使用したソフトウェア
●CrystalDiskMark
(ストレージの速度を測定するベンチマークソフト)

SSD2台でRAID0(ストライピング)のスピードがこちら

シーケンシャルリードで393MB/s、ライトで224.1MB/s
SSDは6Gb/sなのですが、SATAポートがSATA2の3Gb/sなので
こちらの影響で速度は落ちていますが、
リードは予測通りの数字がでています。
続いてSSD2台でRAID1(ミラーリング)をしてみました。
その結果がこちら

シーケンシャルリードで191.1MB/s、ライトで106.6MB/s
全体的にストライピングの半分程度のスピードとなっています。
2台でデータを分割するストライピングに比べ、
ミラーリング2台でデータの複製を行っているので、
実験結果の数値としては相応の数字と判断できます。
今回は古いマザーでどの程度スピードが出るか確認をしましたが、
またの機会に現行機でのスピード結果をお知らせできればと思います。

新着情報カテゴリ

携帯サイト

QRコード

いつでもどこでも、簡単アクセス!

ページの先頭へ戻る

Copyright(C)2012-Macjapan Inc. All Rights Reserved.