栃木のパソコン修理・パソコン販売おまかせ設定・パソコンスクール- パソコン専門店マックジャパン|HOME

HOME > トピックス

トピックス

アプリケーション開発環境用WindowsServer搭載ノートパソコン制作

2015年04月05日

WindowsServer2012 R2搭載ノートパソコン制作のご依頼がありました。

Core i7搭載、メモリ8GBへ増設のハイスペックノートパソコン
「Panasonic レッツノートCF-B11TWCCS」をベースとして作成


○Panasonic CF-B11TWCCS
○Office2013 Home&Business
○Windows Server 2012 R2 Standard 日本語 DSP版(CALなし)
○ノート用内蔵ハードディスク 500GB



標準ハードディスクと新たに準備したハードディスクを交換、
そちらにOSとOfficeを導入する形で作業。

ServerOSの導入認証、Officeソフトの導入認証、各ドライバの導入作業。

※OfficeソフトもOffice2013の64bitバージョンで、正式にWindowsServerに対応。
Office2013は普通に導入すると32bit版がインストールされますので、
インストール時に64bit版向けのインストール方法を行えば問題ありません。

Windowsの機能を利用して、環境イメージのバックアップディスクを作成。


注意点
※今回の様に標準部品の交換、OSの入れ替えなどを行った場合には、
メーカー保証などが受けられないケースがあります。



レッツノート CF-B11TWCCS(主なスペック)
CPU:Intel Core i7 3635QM(2.40GHz)
OS:Windows7 Professional 64bit(標準32bitからリカバリ済み)
メモリ:8GB(標準4Gから増設済)
画面:15.6型フルHD(1920×1080)
HDD:320GB
光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
無線LAN:IEEE802.11a(W52/W53/W56)/b/g/n準拠
USB3.0ポート×2(左側面)
USB2.0ポート×1(右側面)
SDメモリーカードスロット×1スロット
バッテリー持ち時間:約8時間
重量:約1.91kg
筐体サイズ:幅370.8 mm×奥行229 mm×高さ31.4 mm/43.2 mm突起部除く

新着情報カテゴリ

携帯サイト

QRコード

いつでもどこでも、簡単アクセス!

ページの先頭へ戻る

Copyright(C)2012-Macjapan Inc. All Rights Reserved.