栃木のパソコン修理・パソコン販売おまかせ設定・パソコンスクール- パソコン専門店マックジャパン|HOME

HOME > パソコン修理日記

パソコン修理日記

不正プログラム広告ソフト

2014年02月18日

症状
パソコン起動後、スキャンを行いエラーがあるメッセージを促したり
画面上に不正プログラムが見つかったと警告を表示したり、
バックアップをとるようにメッセージを出したりします。
一見バックアップなど優良なソフトウェアにも見えますが、
結局はソフトウェアを買わせようとする広告のためのプログラムであり、
起動時に必ず毎回表示されるため、動作の遅延を招く原因ともなります。

原因
ウイルス等も含め感染源の多くはインターネットやメールなどによるものです。
最近はインターネットの画面に不安を煽るようなエラー画面を出し、
クリックしたらインストールされる場合や、
フリーのアプリケーション等のインストール時に同時に入るケースが多くあります。


補足
アプリケーションのインストール時などに同時に入るため
ウイルス対策ソフトウェアの導入を行っていても、許可されているため
比較的簡単に入ってきてしまいます。
動作的にはウイルスの様なものですが、明確にはウイルスと定義付けられていないため
ウイルスソフトでは防衛は難しいのが現状です。
感染させないためには自己防衛が一番の近道となります。
怪しい広告はクリックしない。
怪しいメールはすぐ削除。
アプリのインストール時に内容をしっかり読む。
当り前のことですが慣れてくると忘れがちになるため、基本をしっかりさせましょう。
また、万が一感染してしまったら、あせらずに近くの修理業者などにもっていきましょう。
クレジット決済などが多いため、漏洩防止のために
間違ってもソフトウェアの購入などのボタンは押さないようお願いします。

新着情報カテゴリ

携帯サイト

QRコード

いつでもどこでも、簡単アクセス!

ページの先頭へ戻る

Copyright(C)2012-Macjapan Inc. All Rights Reserved.